韓国留学手続代行|ソウル不動産賃貸|ワンルーム|アパート|オフィステル|事業用オフィス|家具・家電レンタル|日本語対応|

MENU

おすすめ韓国料理

ビビンパプ

世界で一番有名な韓国料理であると同時に、味と栄養と色の調和とバランスを基本とする韓国料理の基本原理と哲学を最も明確に表しています。どのような材料を入れるかによって、厳格なベジタリアンでもおいしく食べられる万能料理。韓国各地にビビンパプがありますが、中でも全羅北道のチョンジュ(全州)式ビビンパプが最も有名です。最近ではほとんどがコチュジャンで混ぜて食べますが、過去にはコチュジャンの代わりに醤油を多く使用しました。ナムルなどのトッピングに既に味が付いているので、コチュジャンを入れずに食べる方が、材料本来の味がより感じらます。

チヂミ

外国人にビビンパプと同じぐらい人気の韓国料理。雨がしとしとと降ると、韓国の人々は油で焼いた温かいチヂミが食べたくなるといい、実際に梅雨になると小麦粉と食用油の販売量が大幅に増加します。生地にネギを入れたパチョン(ねぎのチヂミ)と、熟成キムチを切って入れたキムチチョン(キムチのチヂミ)が特に人気。外はカリッと中はモチモチでこそ、おいしいチヂミと言えます。緑豆で作った生地に豚肉とキムチを入れ、カリッと焼き上げる緑豆のチヂミは、もとは北朝鮮の黄海道と平安道地域で食べられていましたが、現在は全国で楽しめ、シンプルに醤油や酢と唐辛子の粉などを入れたタレ醤油につけて食べます。

ブルコギ・カルビ

数千年前の中国の歴史書にも「韓民族は焼肉を楽しむ」と記されているほど、韓国人の肉好きは格別なことでも知られています。n朝鮮時代には屠牛が国の経済を脅かすほどで、農業に重要な労働力となる牛を屠殺しないよう国から禁止令が下ったと言われています。n甘辛いタレに漬け置き、炭火で焼くプルコギとカルビが最も伝統的な焼肉ですが、最近では霜降り具合が良い牛肉を薄く切って塩をかけて焼く塩焼きが好まれています。n塩焼きは、1980年代以降に流行し始めた歴史が比較的浅い焼肉です。

サムギョッサル

豚のわき腹肉で、肉と脂肪が3層になっていることから三枚肉とも呼びます。韓国人はサムギョッサルを大変好むため、他の部位よりも3~4倍高い値段で売られています。それでも韓国内での生産量だけでは追いつかず、デンマークやフランスから輸入してやっと需要に応えられるほどです。厚切りのサムギョッサルを炭火や鉄板で焼き、サムジャン(包み用味噌)やニンニクを添えてサンチュ(レタス)やエゴマの葉に包んで食べます。

サムゲタン

韓国では、保養食と呼ばれる食事をとると夏の蒸し暑さの中でも健康を保てると信じられています。そのため、暑さがピークに達するポンナル(伏日)には様々な保養食が食べられ、その中でもサムゲタンが最も代表的な保養食として知られています。サムゲタンは、若鶏の中に高麗人参ともち米、ニンニク、ナツメ、栗などを入れ煮て食べる料理です。高麗人参特有の苦味が加わった透明なさっぱりスープを一口味わうだけでも、体に良さそうな気にさせてくれます。nソウル市内のサムゲタン専門店のうち、食前酒として高麗人参酒が出されるところもあります。n少量のアルコールが、サムゲタンに入っている栄養成分をよりよく吸収させると伝えられています。

ヤンニョムチキン

外国の料理を韓国化して、新しい味を作り出す韓国人の特性がよく現れた料理。鶏肉を油で揚げたアメリカのフライドチキンが韓国に紹介されたのは韓国戦争(1950:朝鮮戦争)以降で、1980年代に一躍人気となりました。その後、1990年代にはフライドチキンを甘辛いタレで味付けしたヤンニョムチキンが誕生し、あっという間に韓国を代表する夜食として定着。n甘辛味に続き、塩辛い醤油味など様々なヤンニョムチキンが登場し、激しい競争を繰り広げています。フライドチキンにはビール(メッチュ)が定番で、この組み合わせを意味する合成語「チメッ」も浸透し使われているほどです。

トッポッキ

韓国の代表的なストリート・スナック。細い餅を甘辛いコチュジャン(唐辛子味噌)で煮たもので、どこにでもトッポッキを売る露店を見ることができます。元々は、餅を醤油や牛肉などと一緒に炒めた高級宮中料理でしたが、韓国戦争以降、コチュジャン味に変わりました。露店でトッポッキと一緒に売られているオムッ(おでん)やスンデ(豚の腸詰め)、ティギム(天ぷら)も是非一度トライしてほしい屋台料理です。nトッポッキのタレにスンデやティギムをつけて食べるのも絶妙。トッポッキの辛さで口の中がヒリヒリした時には、トッポッキを注文すると紙コップでくれるおでんのスープを飲んでみましょう。nまた、辛いトッポッキにはコーラがぴったりと言う人も多いので、是非お試しを。

キムチ

ビビンパプと共に韓国を代表する食べ物。今では世界どこでも味わえるようになりましたが、韓国本土で味わってこそ本場のキムチの味を知ることができます。キムチは、どの食堂に行っても基本のおかずとして出てくるほど、韓国の食卓に欠かせないおかずです。地域や季節によって数10~100種類のキムチが味わえます。キムチには白菜はもちろん大根や大根の若菜、カボチャ、タマネギなど、様々な種類があり、それらの野菜を唐辛子粉や塩辛、ニンニクなどで和え、熟成させて作ります。よく漬かったキムチは、辛いだけでなく発酵した深みのある味わいを堪能することができます。

マッコリ

米や小麦粉を蒸して麹を入れ、発酵させるとできるミルクのように白い濁り酒。度数が高くなく、飲むとお腹が膨れるため、昔から農家の仕事の合間に飲まれているお酒です。マッコリをろ過し、澄んだ部分だけを使ったのが清酒。マッコリは、日本など海外でも高い人気を集めています。ただ、輸出用マッコリは、殺菌過程で悪玉菌だけでなく乳酸菌などの善玉菌まで消えるという欠点があるため、ソウルで飲むなら殺菌していない生マッコリがおすすめです。殺菌マッコリとの味の違いが明らかに感じられることでしょう。マッコリは、どんな韓国料理ともよく合いますが、特にキムチやパチョン(ねぎのチヂミ)との組み合わせがぴったりです。

かき氷(パッピンス)

高温多湿のソウルの夏を乗り越える力となる救世主のような食べ物。氷に小豆や餅、アイスクリーム、ミスカル(穀物の粉)、果物、ゼリーなど様々な食材がふんだんに盛り付けられています。しかし、最高とされるかき氷屋のかき氷は、小豆と餅、牛乳の3つだけで作ったシンプルなかき氷です。最も大切なのは氷で、どの程度の純水を何度で凍らせ、どう削るかがポイントとなります。小豆は韓国産を使用し、甘すぎず香ばしいものを使用、餅は柔らかさの中にもコシのあるものを選びます、ほとんどの韓国人は、最初にすべて混ぜて食べますが、こうするとかき氷がすぐ溶けてしまうため、少しずつすくって食べるのがおすすめです。

韓国ソウルの事なら楽ソウル!何でもお気軽に TEL +82-2-798-6622

PAGETOP
Copyright © 奈良リロケーションサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.