로그인

간편회원은 볼 수 없습니다.
회원정보를 입력해주세요.

정보수정 바로가기

종합정보

留学生のビザ

  • 2017-11-23 13:57:44
  • 18

留学生のビザについて

 日本国籍の人が韓国に90日以上滞在する場合は、ビザの取得が必要です。

 

<申請方法>

 原則的に日本国内の韓国領事館等で行います。発給期間は領事館によって異なりますが、大体1~2週間程度かかるので、なるべく早めに準備しましょう。また、申請方法や申請に必要な書類は各領事館によって異なる場合があるので、申請前に必ず管轄の領事館に確認するようにしましょう。

 

<ビザの種類>

D-4(一般研修):大学付属の語学堂や一般の語学院に通う場合で90日以上滞在する人が対象

▶必要書類

 ・申請書

 ・パスポート

 ・入学証明書(留学先の学校に登録すると発行してもらえます)

 ・写真

 ・残高証明書(米ドル5000ドル以上、日本円で約50万円以上)

 ・身元保証書

 

▶注意点

・6ヶ月以上韓国で修学すれば、韓国の出入国管理事務所で資格外活動許可を申請し、アルバイトをすることが可能になります。

・2学期以上(語学堂の場合)、つまり90日以上の登録をしていないと入学許可証を発行してもらうことはできません。

・1学期のみの登録でノービザで韓国へ入国し、韓国で次の学期の登録を行えばそこからD-4ビザに切り替えることができます。

・2学期以上の登録の場合でも90日以内ごとに韓国を出国し日本へ帰ってまた韓国に来る場合はビザは必要ありませんし、まずはノービザで韓国へ入国してから留学を延長したい場合は韓国でD-4ビザに切り替える申請をすることもできます。

 

H-1(観光就労):いわゆるワーキングホリデーのビザ

▶必要書類

・申請書

・パスポート(有効期限が1年以上あるもの)

・写真

・旅行日程及び活動計画書(様式なし、英語・韓国語のいずれかで月単位で記入)

・往復航空券あるいは、予約確認書のコピー

・最終学校の卒業証明書または、在学証明書(英語・日本語いずれか)

・残高証明書(米ドル2500ドル以上あるいは30万円以上)

▶注意点

・最長1年間観光を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために付随的に就労することが認められているビザです。

・18歳~30歳までが取得可能で、原則的に1回のみ可能です。

・ビザ発給日より1年間有効で、韓国入国後1年間滞在可能です。

・仕事を主たる目的とすることはできず、日本語教師などの資格を持たなければいけない専門職なども制限されます。

・語学研修が認められているので、語学堂や語学院に通うことができます。

・D-4と異なり学校の入学許可証は必要なく、無条件で1年間の滞在・語学研修・アルバイトをすることができます。

 

<ビザ申請を行う全国の韓国総領事館>

各領事館

 管 轄

駐日韓国大使館領事部

東京、千葉、山梨、埼玉、栃木、群馬、茨城

駐横浜韓国総領事館

神奈川、静岡 

駐札幌韓国総領事館

北海道 

駐仙台韓国総領事館 

青森、秋田、岩手、山形、福島、宮城 

駐名古屋韓国総領事館 

愛知、三重、福井、岐阜 

駐大阪韓国総領事館

大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山 

駐神戸出張所  

兵庫、鳥取、岡山、香川、徳島 

駐新潟韓国総領事館

長野、新潟、富山、石川 

駐広島韓国総領事館 

島根、広島、山口、愛媛、高知 

駐福岡韓国総領事館

福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄 

 

*各領事館ごとに必要書類や申請条件・申請時間なども異なりますので、ホームページやできれば電話で、申請しに行く前に必ず一度確認するようにしてください。

댓글

댓글 남기기

부정클릭 감시중